• ホーム
  • そもそも!確定申告ってどうやるのさ?

そもそも!確定申告ってどうやるのさ?

確定申告は毎年2月中旬から3月中旬に行いますが、所得税などの還付が発生する場合はこれよりも早く申告をしても差し支えありません。
なお、この申告書類はインターネット上で作成することも出来ますがこのとき申告を行うべき年になってから作成を行うことが必要です。所得税や東日本大震災復興所得税などは税制改正が多く頻繁に行われています。
したがってその年にあった税制での申告作業が必要不可欠です。
そのため年ごとにその税制改正に合わせて作成が出来るように設定がなされています。確定申告で必ず必要な書類として申告書類一式はインターネット上でも税務署でも入手は可能です。
ただし給料等の支払がある人はその職場等において年末調整を行いすでに納税されていることを示す書類の交付を受けられます。
必要書類としてはその他にも控除の類いたとえば医療費控除やふるさと納税に代表される寄付金控除などを行っていれば、それらの証明書類も添付しなければならないものです。医療費控除は制度の見直しが行われ各医療機関の領収書を全て添付しなければならなかったわけですが、その後の改正において領収書の添付は必要ではなくなりました。
ただし医療機関ごとの内訳に関する書類やその医療費の合計などは明記する必要がある他に医療費控除として計上した領収書類は、申告者側が5年間保存する義務があります。このように確定申告では還付金が発生する場合はその年以降であればいつでも可能である他、2月中旬から3月中旬にかけて申告を行うことが必要となります。
さらに添付すべき書類もその時々でしっかりと確認の上で行うものです。
インターネットでの申告が出来ないなどの場合は各税務署が専用の窓口を設けますので、申告期間に窓口で申告を自ら記入して行うことも可能になります。
ただし確定申告が出来る時期になったら早めの来訪が望ましいと言われていて、3月になると非常に混雑しますので注意が必要です。申告書類の記入方法が分からない場合やその流れなどが分からない場合、必要書類が不明な場合は申告時期よりも早めに確認することで対応することが可能です。

ネットで確定申告

確定申告の時期は毎年2月中旬から3月中旬ですが還付金が発生する場合はその限りではありません。
サラリーマンなどの場合は給料所得からすでに所得税などを支払っています。
その支払った金額などを証明する書類を受け取ってから確定申告の手続きをする流れです。自営業の人などの場合は青色申告または白色申告を行っていきますが青色申告の場合は控除枠が非常に大きいため、行わなければいけないことも多いです。
なお白色申告では書類の保存期限などの取り決めはそれほど厳しくはありませんでしたがその後の税制改正で保存年限を決められるようになり、関係する証明書類は5年の保存義務が課せられています。確定申告では控除をし忘れた場合は税務署側は通常の場合何も言いませんし放置すればそのままです。
しかしながら収入があるのにその申告をしていない場合には、税務署から問い合わせが来たりします。
悪質だと判断された場合には時期を問わず突然税務署や国税当局から来訪してきます。申告をしなければならなかったのにしなかった場合には無申告加算税や延滞税が課されて、追徴課税が発生する場合があります。
これはサラリーマンなどでも同様で当人がいない場合でも家族が在宅している場合などは家宅捜査が行われたりします。
明らかに税法違反で悪質だと判断されれば検察に告訴されて刑事罰の対象になり得るため、正しく確定申告を行うことが求められます。延滞税も無申告加算税も指摘されるまでに迅速に修正申告を行うことで回避できる場合があります。
正しく申告し正しく納税を行う姿勢が納税者に必要な行為です。
申告書類の控えなどは保管しておいて5年間は残すようにするなどの自衛策も必要となります。